借金問題でお悩みのあなたへ

  • たくさんの借金があり,これからどうしていいか分からない
  • 破産をしたいけど,どのような不利益があるのか不安だ
  • 現在の借金を返済することは難しいが,どうしても自宅だけは残したい

消費者金融から借入れをしている場合、法律上の制限利息を超える高い金利を支払っていることがあります。
その場合には、法定利率で利息を再計算することによって借金が大幅に減ったり、さらには過払金としてお金が返ってきたりすることもあります。

借金の額が大きすぎて、とても返済できないという場合には、破産や民事再生という法的手続きをとることで、生活を立て直すことができる場合もあります。

破産とは、一定の財産を借金の返済に充て、それでも残った借金について免除を受ける法的手続きです。
裁判所から、借金を免除する趣旨の決定を受けることによって、税金や養育費等の一部の支払いを除き、借金の返済を免れることができます。
破産手続きを進める際には、一定の職業に就けなかったり、場合によっては引越しや旅行に許可が必要となったり、いくつかの制限があります。

民事再生とは、債権者の多数の同意を得て、借金の総額を圧縮した上で、原則3年間の分割弁済をすることによって、生活の再生を図る手続きです。
民事再生手続においては、住宅ローンの返済が残っている場合に、自宅を残しながら、その他の借金のみを圧縮することができる場合もあります。

それぞれのご事情に応じて方針は変わってきますが、いずれにしても早い段階で専門家に相談することをおすすめします。